読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文ブログ

作品をもう観たという方に、私の個人的な解釈を伝える為の内容を溜めます。

傷物語Ⅲ冷血篇 ネタバレ感想考察6

○提案
[原作 017章(328P~346P)]

 

キスショットの本意を知る暦。殺すことも助けることも出来なくなった暦は忍野に助けを求める。そこで忍野が提案した全員が不幸になる案を受け容れ、暦はキスショットと一生共に生きていく事を決断。

 

吸血をふいに止める暦。原作ではキスショットの血を吸いつつも、これまで残っていた違和感や、羽川が乱入してきた意味などを改めて考え直し、重大な見落としに気付いた上で吸血している牙を抜くに至った描写があるのにも関わらず、ここではそういった心の動きは一切なく、本当に突然「どうやって人間に戻すつもりだったんだ?」との問いが投げかけられます。この場面は確信的な違和感を暦が気付かなければ、あれだけ決意を固めた主人を殺すという最終目標を前に決して吸血を止めないでしょうし、仮に描写なしで気付きを得ていたとしても、この後に続く羽川の「殺されるつもりだったんですか?」という問いかけに動揺する暦のリアクションが繋がりません。そして何よりもここから羽川がロジカルにキスショットのおかしな行動を紐解き、遂には本当の事を喋ってもらう事に成功するまでの流れがほぼカットで、キスショットが早々に折れてしまうような描写になってしまっている事が本当に残念でなりません。なぜわざわざここに来たか、そしてなぜ羽川を殺す機会があったにも関わらず殺さなかったか。また、そこの気付きに対してのヒントともなったエピソード戦など、特に失ってはいけないような場所に思いました。

 

羽川に真意を見抜かれ呆然と本当の事を語り出すキスショット。一人目の眷属との思い出の場所である日本を死に場所に選び、自殺を図ろうとしたものの、殺されかけた際に死を恐れ助けを求めた事と、これまでの彼女の心情が吐露されていきます。ですが、このままの話の流れ上、羽川が乱入したことが全ての状況を悪くしたような描き方が腑に落ちません。確かに羽川が出てこなければ適当な頃合にキスショットが隙を見せ暦に殺されていたでしょう。ただ、キスショットの真意を気付いた暦はそれを良しとせず、その事実を知らなければ「ただの道化として、人間に戻っていた」「誰も幸せになっていない」「キスショットに全てを押しつけているだけだ」とまでの想いを持っていて、結果的に羽川は暦を本質的に救っているのです。あのギロチンカッターを喰らうキスショットをみて覚えたような後悔を、再びさせないことに成功していたこと。この点を全て抜いて話が進むのは話の本筋とも羽川のキャラクターとも相容れないのではと思うばかりです。

 

運命の選択をしなければならない窮地に立たされた暦。当然のようにいるはずの忍野を呼び、仕事を依頼します。
全裸だった暦がいつの間にか服を着ているのはなぜでしょうか。物質創造能力はないはずなのですが、吸血に伴うエナジードレインで可能となったと解釈。
暦からの無理な依頼に渋々捻り出した「全員が不幸になる」というプランを提示する忍野。抵抗しようとするキスショットの髪を撫でる、吸血鬼の服従を表す行為をはさみ、憐れむ顔で「僕はお前を、助けない」という最終決定を下します。


○傷物
[原作 018章(346P~355P)]

 

全てが終わり、人間としての日常が帰ってきた暦。後遺症を残しつつも、新学期を無事に迎える。共に生きていくと決めたキスショットは八歳の少女の如き見た目に姿を変え、暦からただ黙って命を繋ぐだけの吸血を行う。


4/8。登校途中に出会う暦と羽川。そして学習塾跡の屋上で語り合う暦と忍野。なぜか学ランの下は裸の暦。準備がいいという話なのかどうなのか。
原作とはそれぞれシーンが違うことは問題ではないのですが、羽川のキスショットに対する考察や、忍野の猫物語化物語へと続く伏線のような忠告等々、ここも残っていればと思う台詞が多くあった場面でした。
忍野が言う「さして美談ではないな」という第三者からみた感想が、先に述べた暦自身の物語の捉え方との違いとの対比となり、この傷物語という作品を立体的にしていると改めて思いました。

 

「僕はそれを、誰にも語ることはない」
この物語は暦とキスショットの大切な出会うきっかけであり、それと同時に二人にとって悪夢ともいえる春休みの期間を語る傷の物語となりました。

傷物語Ⅲ冷血篇 ネタバレ感想考察5

○最終決戦
[原作 017章(309P~328P)]

 

全戦闘の中でも最も凄惨且つ派手な主人と従僕の殺し合い。暦を人間に戻す機会を逸したため、死ぬ前に出会えた二人目の眷属にする事さえ厭わなかった面白き人間のために暦に自らを殺させようとする主人と、これ以上人間を喰わせないため、自らが人間へと戻るためにキスショットを殺そうとする従僕のすれ違いから生じた戦いは激戦となるが、突然の羽川乱入により事態は進展して行く。

 

VS キスショット アセロラオリオン ハートアンダーブレード。時折架空のヘリ空撮視点が交わりながら競技場と化した直江津高校グラウンドで相対する主人と従僕。暦がここで言う「美しくあっても正しくはなかった」という言葉には、暦の視点からこの物語はどんな物語であったかを端的に表わす作品中でもとても象徴的なものではないでしょうか。これまでにその身を変化させてきた各年齢の姿のキスショットが、一人ずつ偽善者というレッテルを暦に貼っていく劇場版オリジナルの演出は、暦という人間がどのように罪な存在であるかを次々と叩きつけられるようでとてもいいシーンだと思いました。
原作にあったこの戦いでのルール設定については、最後に明らかになるキスショットの真意を汲めば蛇足ともとれる内容のため、カットされてもやむなしといったところでしょうか。


お互いの気持ちを言葉上で確認した後、開戦。両者身体の部位を紙切れの如くこれでもかと断裁していきます。原作では基本的に手刀で殺し合う中、会話を織り交ぜ羽川の乱入を迎えるのですが、流石は三部作最後の山であり見せ場。首は飛び散るは、オーバーな体術が繰り出されるは、空中戦があったかと思えばキスショットの見たこともない必殺技のような飛び道具が放たれたりと派手なアクションが満載。偽物語で繰り広げられた火憐との兄妹喧嘩をも超えるスケールとなっており、どんどんとスクリーンに引き込まれていきます。殺し合い中にも関わらず、冗談をも編み込まれた会話を交わす原作も捨てがたいですが、要所要所で差し込まれる残存した会話の中にも、「いや、久しく忘れておったというだけじゃ」と独り言のように喋るキスショットのクールさなど、原作よりも強い印象を残す箇所があり見応えのあるシーンになっているのではないかと思います。


突然の羽川の乱入に隙を見せたキスショット。その隙を見逃さなかった暦。弾け飛んだ身体と切り離され頭だけになった暦の牙がキスショットの首元を確実に捕え、キスショットのエナジーを急速に吸い上げ老婆の様な姿に変貌を遂げるキスショット。自分の望みとは少し違いはしたものの、ほぼ想定内の展開で殺されようとするキスショットは、暦に血を急激に吸われつつも高らかに笑い続ける。

傷物語Ⅲ冷血篇 ネタバレ感想考察4

○協力

[原作 016章(299P~309P)]

 

冒頭からシリアスで気の抜けない展開が続く今作において、随一といっても過言ではないギャグパート。暦の突飛な願いをうけての羽川の行動をみると、この前後には暦の事をどういう気持ちでみていたのかがわかる一幕ともいえるでしょう。

 

ここから熱血篇次回予告でお馴染み問題の場面へ。ここでの暦は傷物語で一貫していたテレビ版と逆になっていた前髪の分け目が元に戻っていますが、尾石監督によると、どうやらこの時の暦は傷物語の暦とは繋がらない程かけ離れたキャラクター(変態性)の為、化物語以降の、つまりはテレビ版の暦と同じ分け目にしているとのことです。原作を読破している方ならご存知の通り、ここの場面が本作中最も笑いが多い箇所となっています。

 

「胸を触らせてはもらえないだろうか」から繰り返す「胸を」の部分で一歩二歩分羽川に寄っている絵は、テンポも相まって劇場内に笑いを誘います。
コミカルな表現の比重がかなり増えつつも、羽川の下着を取るシーンの表情は決意に満ちた様子を見せ、そうかと思えば「ろ、六十秒…」と息を飲む暦が見れたりと、展開の温度の移り変わりがとても激しく、ギャグとして打ち出される個所を迎える度、笑い声がそこかしこから絶えません。
「ラジオ体操ですか」というくだりから胸を触ろうとする暦の手にも、勿論影は表れません。
完璧に調子に乗りはじめる暦。手つきや息、表情など見ているだけで笑いがこみあげてきます。そして暦が導き出してしまった、今日という日を体験するためだけに生まれてきたのだという大真面目な結論は、公開から四週目を過ぎても尚、劇場を笑いに包んでくれます。
そこからのヘタれた暦の展開もまだまだ面白く、羽川の肩を揉んで間髪を容れずの「以上です」も映像でみせられると笑わざるを得ません。
これまでのシーンでも影は丁寧に表れない暦ですが、体育倉庫での最後の場面となる指きりでは、より影がクローズアップされており、人であらざるものを際立たせ、これから人間に戻る為に再び戦闘へと身を置こうとする暦の、後戻りができない状態や思いの強固さを思い出させてくれます。

 

そして舞台は最終決戦の場へ。

傷物語Ⅲ冷血篇 ネタバレ感想考察3

○断決
[原作 015章(267P~299P)]


吸血鬼本来の在り方を、キスショットによって衝撃的なシーンで突き付けられた暦。自分のしてきた事、今まで戦ってきた相手の正義、忍野の言葉等、これまで見ようとしてこなかった現実に押し潰されそうになった暦は、羽川に最後の別れを告げようとする。

 

4/7。私立直江津高校の体育倉庫で暦は爆発した自責の念を物にぶつけ回ります。ここの場所の説明などは一切ありませんが、校庭が競技場のようになってしまっているため、特に仔細ないところでしょう。
ここに来る前の会話で、キスショットの「しかし従僕よ、食べなければ死んでしまうぞ?」と純真無垢な顔で言い放つ姿は滑稽でありながら、かなりの絶望感を与えてきます。そして、暦自身もお腹が空いて来たと同時に思い出す忍野の言葉。全てが間違いだったと思う暦。ただここでの「考えたくない!」という暦の原作描写が挟み込まれていればもっと吸血鬼性がクローズアップされ、凄惨なシーンになったのでがないかと思います。吸血鬼のパワーを考えると、あの程度の体育倉庫内での荒らし方ではどうやってもフルパワーとは思えないでしょう。


午後五時、死ぬ前に羽川にだけは言っておきたい、話しておきたいと思う暦。主人であるキスショットが、死を惜しみ暦と話がしたかったように。
消したはずの羽川のアドレスが、再度勝手に登録されていたことを涙ながらに確認。電話だと泣いてしまうという理由からメールで羽川を呼びだします。ここでの羽川の早打ち即返信メールは是非とも入れてほしい場面でしたがカット。笑いどころでもあり、羽川の異常性が更に色濃くなるいい場面だと思いましたがそのまま登場シーンへ。

 

家に居場所がなく、家族からの干渉が存在しない羽川からすれば、どうということではない時間帯。「女の子の届け物です」と羽川なりのジョークを飛ばしつつ体育倉庫へ入場。本来、暦が入口にバリケードを張り直す場面でのわざとらしい羽川の閉じ込められちゃった発言ですが、密室に理外のパワーも持つ存在と二人きりということで、特に印象に変化はなし。「懐中電灯、オン」で人間である羽川と吸血鬼である暦の影の有無が浮き彫りになります。
恐らくメールの時点で死を選ぶ事を察していた羽川は、暦に自殺を踏みとどまるよう説得します。ここで羽川が暦の心を引き留める度、暦の身体を掴む手の数が増えていく表現がありますが、展開に引き込まれて観ているとグッと来たところでした。「だったら、食べなよ」と言い放つ常軌を逸した発言から、傷物語名言の一つであり、羽川の異様な人間性が垣間見れる「相手のために死ねないのなら、私はその人のことを友達とは呼ばない」。この時既に暦を意識していたとしても、到底たどり着けない気持ちを言葉にして暦に投げかけます。流石に羽川のこと、嘘というわけではないと思われますし、これほどまでの相手を一瞬で奪われてしまった化物語での展開を機に、再度怪異化してしまうのも頷けてしまいます。
そして、「阿良々木くんにも?」というきっかけから、暦を前に向かせる事に成功した羽川。この時光が射した体育倉庫の中、暦の表情の前を左右に踊る羽川の影は、羽川という人間の世界から吸血鬼の世界にいる暦への、こちらに帰ってきてというエールともとれる希望に満ちた絵に見えました。
「僕が、キスショットを退治する」、生まれ変わったような暦の頭を撫でながら「表情が変わったね」という高揚感あるシーンへと進みます。ここでなぜ暦がキスショットを退治することで全ての解決に至るのかが語られていないため、後の戦闘でさらっとキスショットが言う台詞に肩透かしの様な気持ちになる方も多いのではと思いましたが、この高揚に水を差すような事になりかねなく、微妙なところではあります。

傷物語Ⅲ冷血篇 ネタバレ感想考察2

○本質
[原作 015章(245P~267P)]

 

完全体となったキスショットは暦を人間に戻す事となるが、その前にと暦との打ち上げ代わりのお喋りが始まる。どこか寂しい印象の思い出話を終え、いよいよという時に名残惜しむ暦が提案した送別会。吸血鬼最後の日を盛大に楽しもうとした矢先、唐突にこれまで目を瞑っていた吸血鬼の本質と遭遇することとなる。

 

山のように積まれた白い羽の上を転がりまわってはしゃぐ完全体キスショット。「っていうかどうでもいい!」と言ってのけるキスショットは愉快そのもの。
直後に暦から人間に戻すようお願いされますが、それまでに二時間はしゃいでいるのですから、つい笑ってしまいます。
その言葉を機に、キスショットのテンションが変わります。

暦を人間に戻すこと、即ち自らの命を絶つこと。後に語られる一人目の眷属の願いを聞く事ができず、死んでやることができなかった後悔の気持ちが消えないまま、そんな一人目の眷属に思いを馳せ死に場所にと選んだ日本で、作ってしまった二人目の眷属である暦のために死を選ぶ事。
自らの生、そして自分を救ってくれた暦との時間を名残惜しむような気持ちが、暦を屋上へ誘う際の目を逸らす表情に表れているように見えました。
「退屈な500年」という人生(吸血鬼生)の中で第一に語る一人目の眷属の話。ここから物語シリーズではお馴染みのウエダハジメ氏による古傷物語が始まります。シーンとして単調になり得る会話シーンの中で展開される特徴的なタッチが続くスクリーンは、これまでのシリーズを観ている方にとって、とても物語らしいパートになっていると思います。
妖刀心渡を腹から取り出すキスショットを前に唖然とし伸びている暦の姿で笑わされます。
ここで心渡の怪異殺しとされる話がカットされているので、後のシリーズとの繋がりを考えると残念な部分ではあります。
そして、水しぶきが舞いライトアップされる幻想的な雰囲気の中、二人の楽しそうな会話が続いて行きます。結末を知った上でこのシーンを観ていると、暦の目は何も分かっていない目を、キスショットは決意の様な目をしているのが、後のすれ違いを予感させます。
いよいよとなった時、今までお腹は空かないと言っていた暦から小腹が空いたとの言葉。忍野の知識でのそろそろが正に去来している時、キスショットの言う「携帯食」がすれ違いをみせます。

近所のセブンイレブンで買い物を済ませ帰路につく暦。自分が見ない様にしていた側面を無視した都合のいい考えで満ちる頭の中。暦の空想の中、成長するキスショットの姿が屈託ない表情を見せ、「僕にとってはそんな悪くない春休みだったのかもしれない。」というモノローグが痛々しいとすら思えます。
鉄血篇でもみられた、何か大きい事の前触れともとれる左回りの螺旋階段。
二階の教室では、あんなに可愛らしく美しかった空想の中のキスショットは存在せず、吸血鬼として当然の捕食活動をありのまま行う怪異の王の姿がありました。

傷物語Ⅲ冷血篇 ネタバレ感想考察1

傷物語Ⅲ冷血篇

 

2017/1/6劇場公開
上映時間83分

 

傷物語三部作の三作目

 

物語の真相が語られる最終章。シリアスで決して明るいとは言えない展開が続く中において、体育倉庫でのやり取りがかなり大きく取り扱われているところはぬかりないところ。そして壮絶なバトルシーンと煮え切らないラストが深い印象を残し、改めて化物語を観たくなる流れを持った作品でした。


○心臓
[原作 014章(227P~245P)]

 

全てのバトルを終え、キスショットの四肢回収は完了したかに見えたが、戦闘を終える毎にキスショットが窮地に立たされていたことに対する違和感が増大していった暦の質問に答える形で、キスショット心臓を渡す忍野。内情を語ってくれたのも束の間、彼はこの街をあとにする。

 

4/6。強い雨が降りキスショットが眠りについている昼間。本来四階の教室でのシーンですが、なにやら通路の様なスペースでの忍野、暦による会話シーンからスタート。

ギロチンカッターから回収したキスショットの両腕を届けに来た忍野。胸ポケットから煙草を取り出し、暦に皮肉がたっぷり含有された「おめでとう」を言い放ち、その後、羽川が雨の中、例の赤い傘を差して歩く様子が映し出されます。

 

これまでの忍野の言動を加味すると、彼にとっては怪異に関する問題、或いは仕事に一般人が介入することは極力避けるべきであるという認識があります。それにも関らず、折角バランスを取る仕事を遂行中だった対象の吸血鬼に対し、自分の命と引き換えに救おうとする一般人や、その後、段取りを組んだバトルの最中、そんな事をする必要がないのに自ら戦地に赴き腹を抉られたりする一般人が登場する結果となり、彼のキャリアにおいて相当記憶に深く刻まれる失敗に導いた当事者として、今まさに会話をしている暦と、羽川が頭に過っている表現としてのカットインなのではと思いました。

ここの辺りについては、後にでてくる忍野の「仕事は済んだしね。失敗という形でだけど」という言葉からも推し量れるのではないでしょうか。

 

話は進み心臓に関するやりとり。忍野が煙草を入れているはずの胸ポケットから四次元ポケットのように心臓を取り出すシーン。BGMとその心臓の鼓動がうまく融合しているように感じる一幕を経て、タメからの「僕」、そして指をパキパキ鳴らす姿。この只者でない忍野メメという男が解りやすく脚色されてとてもいいと思いました。
四戦目が存在していたこととそれが無くなった経緯を説明した後、熱血篇でも薄ら張られていた伏線をより鮮明にする「最近、お腹空かない?」という言葉を残し、忍野は学習塾跡をあとにします。

 

忍野が歩く方向と逆行する白い鳩の群れ。平和の象徴とすれ違う絵が不穏な空気を醸し出しタイトルバック。

傷物語Ⅱ熱血篇 ネタバレ感想考察6

ギロチンカッター
[原作 013章(213P~226P)]

 

二度目のバトルを終え、次の対戦相手ギロチンカッターへの対策を講じる怪異殺しチーム。掴みどころのない相手に警戒を強める。そして前回の対戦で被害を受けた羽川と会う暦。これ以上は危険という判断をくだした暦の言葉を受け、新学期にまた会おうという約束をし、いよいよ最後のバトルという時、緊急事態に見舞われる。

 

VS ギロチンカッター。忍野の「人間であることを諦めろ」に続く内容が表現されていないため、結末に至るまでの作戦を忍野が考えたこと、リスキーな賭けの側面があったことなど、面白味ともいえる部分がないのがとても残念であり、この台詞から帰結する部分は解っても、そこまでの経緯がなく突拍子無いといった具合に受け止められかねないと思いました。
「お前、それでも人間か」という暦の問いにも笑いで答えますが、「いいえ。僕は神です」と言い放つ姿も残してほしかったです。
ギロチンカッター戦は総じてギロチンカッターとの会話カットが多く感じられ、ギロチンカッターが人間であるにもかかわらず、常軌を逸した存在である事、及び吸血鬼ハンターの中での駆け引きがそれまでにあったこと等、物語の深みに触れる雑談がなくなっているのは、これまでのシリーズを通じてもかなり勿体なく思う点であります。諸々の内の一つ、「神、つまり僕はこう仰っています」という台詞のイカレっぷりなど見所が沢山あったのですが。

 

高らかに哄笑するギロチンカッター。油断する相手に対し暦が繰り出す作戦、自身を変形させること。
カットされた中の話になりますが、肉体を霧にも変えられない暦を嘲笑うような一幕が、その油断を誘った一因ともなっています。ドラマツルギーの大剣にも構想のヒントを得た上での作戦ではありますが、あまりにも強大な力を持って、ギロチンカッターに圧勝を収めます。

 

「これはもう確かに、人間じゃない」
「人間を捨てている」
「僕はもう、化物なのだから。」

 

この後に繰り広げられる羽川とのやり取りがカットされているのは、三部作の二作目ラストシーンとしては最良の選択だと思います。
カットしていなければ、ここでもう一度空気が緩む事になってしまいますから。

そんな事を思っていたら次回予告の最後の最後で「阿良々木くん、どうか私のノーブラおっぱいをモミモミしてください」が入ってしまいお終い。