読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文ブログ

作品をもう観たという方に、私の個人的な解釈を伝える為の内容を溜めます。

傷物語Ⅰ鉄血篇 ネタバレ感想考察5

○奪還
[原作 005章(72p~86P)]

 

人間に戻る為に専門家達からキスショットの身体の部位を取り返さなければならない事実を理解し、夜の街を歩きまわっていたところにその専門家たちからの襲撃を受ける。
謎の男に絶体絶命のピンチを救ってもらうまでのシーン。

 

キスショットの依頼や意図を疑いつつも、夜になった街へ。妹からのメールは割愛。ここで専門家の三人と出会いますが、三叉路から踏切へと変更されています。横切る電車の裏で唐突に表れる演出をするためだったのでしょうか。
突如登場したドラマツルギー、エピソード、ギロチンカッターですが、三者それぞれに特徴的な個所が見受けられました。
まずはドラマツルギー。彼は吸血鬼そのものですので影ができません。そのためネタバレを意識してか、登場してから影が発生しないような立ち位置や捉え方で終始します。とはいえ手の形状や身体能力を鑑みると、あまり隠せていないような気もします。ただ吸血鬼にのみ起こるように見えた赤目表現は確認できましたが、この点は確証が持てません。化物語でも暦が吸血鬼の能力で人では見えない距離のものまで見ようとする際、目が赤くなる表現がありましたが、引き継がれているかは謎です。
エピソードはヴァンパイアハーフのため、大仰な影が発生。ギロチンカッターも同様となります。

 

三名の台詞のやりとりが原作と違い暦には徹頭徹尾解らないものとなっていたため、三名の怪異に対する残虐性が少し薄れてしまっているように思います。
しかし、激昂する暦の台詞の直後に赤駒で今回のお話のタイトルでもある「KOYOMI VAMP」という文字が映し出されるとこは多少くどいのかなと思いつつも胸に来るシーンでした。
自分の存在を蔑ろにされて怒りを覚え叫んだその直後、自分はもう人間ではないのかという気付きと共に襲ってくる無力感を感じる暦の心情を説明するとなると、ここでのタイトルの使い方は素晴らしいなと思いました。

 

同時間帯、囲まれる暦に手を貸そうと現場に向かう忍野の姿は傷物語の中でも最もこれまでのシリーズより逸脱している箇所にも見えるため、初見ではそのバランスの崩れによりなんともいえないシーンとして受け取っていましたが、二回目以降は現場に急行する際のイメージ映像として考えることにしました。そう見ると、忍野の超人性はさて置き、かっこいいシーンと感じれるのではないでしょうか。
当然、ギリギリいっぱいで到着し三名の専門家の動きを止める様は、忍野最大の見せ場という事もあってかっこいいの一言に尽きました。

 

そこから忍野との会話シーンへと場面を変えます。