読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想文ブログ

作品をもう観たという方に、私の個人的な解釈を伝える為の内容を溜めます。

傷物語Ⅱ熱血篇 ネタバレ感想考察6

ギロチンカッター
[原作 013章(213P~226P)]

 

二度目のバトルを終え、次の対戦相手ギロチンカッターへの対策を講じる怪異殺しチーム。掴みどころのない相手に警戒を強める。そして前回の対戦で被害を受けた羽川と会う暦。これ以上は危険という判断をくだした暦の言葉を受け、新学期にまた会おうという約束をし、いよいよ最後のバトルという時、緊急事態に見舞われる。

 

VS ギロチンカッター。忍野の「人間であることを諦めろ」に続く内容が表現されていないため、結末に至るまでの作戦を忍野が考えたこと、リスキーな賭けの側面があったことなど、面白味ともいえる部分がないのがとても残念であり、この台詞から帰結する部分は解っても、そこまでの経緯がなく突拍子無いといった具合に受け止められかねないと思いました。
「お前、それでも人間か」という暦の問いにも笑いで答えますが、「いいえ。僕は神です」と言い放つ姿も残してほしかったです。
ギロチンカッター戦は総じてギロチンカッターとの会話カットが多く感じられ、ギロチンカッターが人間であるにもかかわらず、常軌を逸した存在である事、及び吸血鬼ハンターの中での駆け引きがそれまでにあったこと等、物語の深みに触れる雑談がなくなっているのは、これまでのシリーズを通じてもかなり勿体なく思う点であります。諸々の内の一つ、「神、つまり僕はこう仰っています」という台詞のイカレっぷりなど見所が沢山あったのですが。

 

高らかに哄笑するギロチンカッター。油断する相手に対し暦が繰り出す作戦、自身を変形させること。
カットされた中の話になりますが、肉体を霧にも変えられない暦を嘲笑うような一幕が、その油断を誘った一因ともなっています。ドラマツルギーの大剣にも構想のヒントを得た上での作戦ではありますが、あまりにも強大な力を持って、ギロチンカッターに圧勝を収めます。

 

「これはもう確かに、人間じゃない」
「人間を捨てている」
「僕はもう、化物なのだから。」

 

この後に繰り広げられる羽川とのやり取りがカットされているのは、三部作の二作目ラストシーンとしては最良の選択だと思います。
カットしていなければ、ここでもう一度空気が緩む事になってしまいますから。

そんな事を思っていたら次回予告の最後の最後で「阿良々木くん、どうか私のノーブラおっぱいをモミモミしてください」が入ってしまいお終い。